東京都内ではワンルームマンションの需要が高いため、ワンルームの物件で低リスクな不動産投資を始めようとお考えの方も多いでしょう。しかし、安定した投資を行うにはワンルームマンションの需要の高いエリアを選ぶことが重要です。また、都内は需要が高いといっても投資である以上、リスクとなる部分が存在します。

こちらでは東京の不動産に関する動向に基づいて、不動産投資に人気のエリアと、ワンルームマンション投資で注意したいリスクについて解説していきます。

都内で不動産投資に人気・おすすめのエリアは?

晴れた空とビル群

都内でも都心6区(千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区、文京区)と呼ばれる超都心エリアは、高い需要と理想的な立地条件から、居住地としても根強い人気があります。しかし物件の価格が高く、なかなか手が出せるものではありません。

そこで都心6区から少し外れたエリアで探してみると、手頃な物件が見つかります。

城東エリア

城東エリアとは墨田区・江東区・台東区・葛飾区・江戸川区を指します。都心6区と比較して物件価格が安く交通の便も良いことから、不動産投資で安定した人気があります。また、人口も増加傾向にあることから安定した賃貸需要が期待できるでしょう。

池袋エリア

池袋駅は、新宿駅に次いで世界第2位の乗降者数を誇る駅です。乗り入れる路線も多く抜群の利便性を誇りながら、都心6区に比べて地価はそれほど高くありません。大規模な開発計画も予定されている池袋周辺は、不動産投資においてぜひ注目したいエリアといえます。

都心のワンルームマンション投資のリスク 利回りで判断するのは危険?

ビルの模型と電卓

投資すべきエリアを間違えるリスク

東京23区はワンルームマンションの需要が高いといっても、23区内をひとくくりに捉えるのはリスクがあります。同じ区内であっても明るく雰囲気が良いエリア、住むには落ち着かないエリアなど良し悪しがあり、地元の人でなければわからないことも多いものです。

狭いエリアでも、一歩外れると物件選びを間違ってしまうことも起こりえます。特に地方在住で都内の物件を購入する場合、「区内ならどこでも同じだろう」という感覚で始めると失敗しかねません。積極的に街の情報収集を行ったり、東京に精通した不動産投資のプロから学ぶなどして、慎重に物件を選びましょう。

価格や利回りだけで判断してしまうリスク

東京都心の物件は価格が高く、手頃な郊外の物件が魅力的に見えるかもしれません。しかし、周辺の家賃相場や物件のグレードなどを確かめず、「価格が安いから」「表面利回りが良いから」という理由で購入すると失敗するリスクがあります。

利回りはあくまで満室を前提とした状態であり、空室率や家賃下落、修繕費などの諸費用は考慮されていません。そもそも入居者がいなければワンルームマンションの利回りは0となってしまいます。賃貸需要と物件選びを見誤らなければ、利回りが低い都心の物件でも安定した不動産投資が可能です。長期的に安定した家賃収入を得たいのであれば、価格の安さや高利回りといった目先の利益にとらわれないようにしましょう。

また、他の投資商品と不動産投資と異なることは金融機関からの融資が得られることです。つまり、他人資金を活用できる投資は不動産投資のみです。対自己資金での利回りは、他の投資商品より効率がいいともいえるのではないでしょうか?

低リスクの不動産投資を始めるなら株式会社YOUR REAL ASSETのコンサルタントへご相談を!

東京都内はワンルームマンションのニーズが高く、投資エリアとして非常に魅力的です。都内にも様々なエリアがありますので、エリアごとの特徴やリスクをしっかりと見極めた上で不動産投資を成功させましょう。

株式会社YOUR REAL ASSETでは、低リスクで堅実に資産形成ができる不動産投資をコンサルタントがアドバイスいたします。投資初心者やサラリーマンに最適な、10万円からの都内築浅ワンルームマンション経営をご提案しております。不動産投資の様々なリスクを低減できるローリスク・ミドルリターンの投資です。

無料相談はもちろん、セミナーも開催しておりますので、ぜひお気軽にご参加ください。

お問い合わせはメールで: your.real.asset@gmail.com