【金持ち有利の法則】

これからの日本は
“富裕層”と”貧困層”の「二極化」が
さらに深刻化してくることが
ほぼほぼ確定してます。

それはなぜでしょうか?

景気がだんだんと良くなっているにも関わらず
貧富の差が広がってしまう理由・・・

それは
「金持ち有利の法則」
が働くからです。

たとえば、
『ジャンケンで勝ったら
相手の1000円をもらえる』
というゲームをします。

ゲームを繰り返すと
各人の持ち金はどうなっているでしょうか?

その答えは、

「持ち金が少なかった人から、
多かった人に金が移動している」

つまりは
金持ちはより金持ちに
貧乏人はどんどん辛くなる
ということです。

なぜ公平なゲームなのに、
持ち金が多いと有利なのか?

それはお金が多ければ、
少し負けたくらいでもゲームは続けられますが、
持ち金が少ないと、お金が尽きて
ゲームオーバーになってしまうからです。
~~~~~~~~

これが金持ち有利の法則。

持ち金が少ない人から先に脱落していくということは、
その脱落者のお金がゲームに残った人々に移動したことを意味しています。

そして、このままゲームを続けていくと
一部の人にお金が集中する一方で金が底をつく人が続出する
“二極化”が進んでしまうのです。

これって納得できますよね?

優先順位を変えないと
って考えている方

一緒に勉強しましょうね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です